• twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
2012年02月27日(月)

[wordpress] ホームページビルダーCMS版のようなソフト

ホームページビルダーという誰でも簡単にホームページの雛形を作成してWEBサイトが作れるソフトがありますが、アメリカのExtensoftさんが開発されたArtisteerというソフトがあったので試用してみました。このソフト、wordpressだけでなく、joomla!やdrupal、DotNetNukeなどのASPで作成するテーマ出力にも対応していて、ビルダー感覚で編集作業を行った後、それぞれのCMSに対応したテーマを出力してくれる驚きのソフトです。

Artisteerの試用版テスト

ダウンロードとインストール

Artisteer インストール画面 Artisteer スタートアップ画面

Artisteer 公式サイトからダウンロードし、インストーラを起動します。試用版をダウンロードするためにはメールアドレスの入力が必要です。ちなみにArtisteerはトライアル版だと中断保存が出来ません(テーマ出力には対応)。Homeライセンス(WordPress/Bloggerテーマ出力のみ)が$49.95、全ての機能を使う場合は$129.95だそうです。

起動してみるとWebmatrixのようなUIです。テンプレートとして出力出来るCMSは1つだけのようなので、今回は「Joomla!」にしてみました。

ツールバー

Artisteer ツールナビゲーション

デフォルトのレイアウトをベースに、ウィンドウの上に並んだメニューで作業していきます。日本語にも対応していて、背景・ヘッダー・ページ・フッターなどのレイアウトに分かれた編集が出来ます。テクスチャや写真・ヘッダー用Flashにも対応していて、使いたいものを選択して設定するだけです。「suggest」ボタンを押すと、自動でパーツの配色を予測して適用してくれる機能もありました。

テーマファイル出力

テーマの出力操作

本当に短時間の作業でJoomla!のテーマが作れちゃいました。テーマファイルのアウトプットは試用版でも可能なため、出力して動作チェックしてみたところ動作もバッチリです。(Joomla!は管理画面のエクステンション管理から、インストール作業を行ってテーマを利用可能にします)画像をクリックするとプレビュー画像が表示されます。こんな便利で色々なCMSに対応してるソフトがあるんだなーってちょっとビックリです。WordPressなどのテーマ制作や配布にも使えるかもしれないので興味のある方は試してみて下さい。

(おまけ)その他Web制作に役立つフリーソフト

  • XnView エクスプローラ機能に加え、画像加工や一括ファイル変換機能を備えた高性能ビューア
  • GhostScript AIファイルをプレビューするためのスクリプト(XnViewに対応)
  • GLab マウスでプラスチックや光沢のある質感の手書き文字が簡単に描けるソフト
  • TiltShift 直観的な操作で画像にフィルター処理ができるソフト(要AdobeAir)

関連投稿記事

Comment: